介護サービスのご案内※2018年4月1日より改定

鳥取介護サービスは、ご自宅での生活に支援が必要な高齢者、障害者の方々に
24時間365日、まごころを込めた介護サービスをお届けします。


ご利用いただける方
介護保険要介護認定において、要支援1~2あるいは要介護1~5のいずれかの
認定を受けた方。

要介護認定の申請を済ませた方。
介護認定の結果、自立判定の場合は、それまで使われたサービスは全額自己負担となります。)

介護保険要介護(支援)認定を受けていない方、自立判定の認定を受けた方は全額
自己負担にてサービスをご利用いただくことが可能です。

サービス内容
身体介護サービス
排泄介助 トイレ及びポータブルトイレへの移動 オムツ交換 後始末
 失禁及び失敗への対応など
認知症等の高齢者がリハビリパンツやパット交換を見守り・声かけを行うことにより、一人で出来るだけ交換し後始末が出来るように支援する。
食事介助 配膳 食事姿勢の確保 摂取介助 水分補給
認知症等の高齢者に対して、ヘルパーが声かけと誘導で食事・水分摂取を支援する。
専門的調理 流動食及び糖尿病食などの特別食(医療食及び治療食)の調理
清拭 清潔保持のための身体拭き 陰部洗浄など
入浴介助 手浴・足浴・部分浴・全身浴の介助 浴室への移動 洗髪 洗身
 使用物品の後片付け 入浴の見守り(転倒予防のための声かけ、気分の確認なども含む)     
整容介助 日常的な身繕いの整え
(洗面、口腔ケア、爪きり、耳そうじ、髪の手入れ、簡単な化粧等)
着衣介助 着替えの準備、手伝い 更衣等の見守り(必要に応じて行う介助、気分の確認なども含む)
体位変換 体位の変換 安楽な姿勢の確保
移乗・移動介助 車椅子への移乗介助、補装具等の確認
移乗時、転倒しないように側について歩く(介護は必要時だけで、事故がないように常に見守る)
 ベッド上からポータブルトイレ等(いす)へ利用者が移乗する際に、転倒等の防止のための付き添い、必要に応じて介助を行う。
通院・外出介助 病院など目的地への移動の介助
起床・就寝介助 ベットからの移動及びベットへの移動介助 布団の片付けなど
ベッドの出入り時など自立を促すための声かけ(声かけや見守り中心で必要な時だけ介助)
服薬確認 配剤された薬の確認 服薬の手伝い 後片付け等
本人が自ら適切な服薬ができるよう、服薬時において、直接介助は行わずに、側で見守り、服薬を促す。

※老計第10号1-6 自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助(自立支援、
ADL・IADL・QOL向上の観点から安全を確保しつつ常時介助できる状態で行う見守り等)

自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助〇利用者と一緒に手助けや声かけ及び見守りしながら行う掃除、整理整頓(安全確認の声かけ、疲労の確認を含む)
〇ゴミの分別が分からない利用者と一緒に分別をしてゴミ出しのルールを理解してもらう又は思い出してもらうような援助
〇認知症の高齢者の方と一緒に冷蔵庫のなかの整理等を行うことにより、生活歴の喚起を促す。
〇洗濯物を一緒に干したりたたんだりすることにより自立支援を促すとともに、転倒予防等のための見守り・声かけを行う。
〇利用者と一緒に手助けや声かけ及び見守りしながら行うベッドでのシーツ交換、布団カバーの交換等
〇利用者と一緒に手助けや声かけ及び見守りしながら行う衣類の整理・被服の補修 



生活援助サービス

掃除 居室内やトイレ 卓上等の掃除 ゴミ出し 後片付け
洗濯 洗濯機又は手洗いによる洗濯 洗濯物の乾燥 取り入れ 収納等
ベットメイク お客様のいないベットでのシーツ交換 布団カバーの交換等
衣類整理・補修 衣類の入替え ボタン付け 破れの補修等
一般的な調理 一般的な食事の調理 配下膳 後片付け
買い物 日常品の買い物 品物及び釣銭の確認
薬の受け取り 病院、指定薬局からの薬の受け取り

上記、身体介護サービスと生活援助サービスを組み合わせた利用も可能です。

ご利用料金
介護保険からの給付サービスを利用する場合、ご負担額は原則として基本料金の1割
~3割になります。
ただし介護保険給付の範囲を超えたサービス利用については全額自己負担となります。

身体介護又は生活援助のサービスを個別に利用する場合

20分未満20分以上30分
未満
30分以上60分
未満
60分以上90分
未満
身体介護165円248円394円575円
--20分以上45分
未満
45分以上
生活援助--181円223円
※身体介護90分超え30分毎加算料金は83円

身体介護と生活援助の混在したサービスを利用する場合

30分未満30分以上60分
未満
60分以上90分
未満
90分超30分毎
加算料金
A身体介護248円394円575円83円
20分以上45分未満45分以上70分
未満
70分以上-
B生活援助66円132円198円-

一回の訪問で一連のサービスとして利用する場合ABを合計した金額となります。

表示金額は一回あたりの金額となります。
通常の時間帯以外の時間帯にサービス提供する場合には、次の割合で割増料金が
加算されるものとします。
・早朝(午前6時~午前8時)  : 25%
・夜間(午後6時~午後10時) : 25%
・深夜(午後10時~午前6時) : 50%
新規契約時初回加算として200円加算されます。
緊急時の訪問は緊急時訪問加算として1回100円加算されます。
介護保険の適用が無い場合や、介護保険給付の限度額を超えるサービスを利用
された場合は、全額自己負担となります。
重介護を行う場合などで2人で訪問した場合は、表示金額の2倍になります。
(事前にご利用者・ご家族の了解をいただきます。)
当事業所は特定事業所加算(Ⅱ)に適合する為、所定単位数の10%が加算されます。
平成29年4月から介護職員処遇改善加算Ⅰ(13.7%)が加算されます。
当事業所が通常の事業の実施地域(旧鳥取市)を越えて中山間地等に居住される方に
サービスを提供した場合は5%が加算されます。


ご利用いただける方
お住まいの市町村に支給申請を行い、支給決定を受けた方

サービス内容
身体介護 入浴介護 排泄介護 食事介護 衣類着脱の介護 身体清拭
洗髪 通院等の介助 自立生活支援・重度化防止のための見守り的援助など
家事援助 調理 衣類の洗濯・補修 住居等の掃除・整理整頓 生活必需品
の買い物 関係機関等との連絡 その他必要な家事
通院介助 身体介護を伴う介助 身体介護を伴わない介助

ご利用料金
市町村が支給決定した内容によって、ご利用者、扶養義務者の負担額が異なります。

居宅介護サービス

身体介護・通院介助(身体介護を伴う)
30分未満30分以上60分
60分以上90分
90分以上120分

120分以上150分

 

150分以上180分

 
以降30分毎
248円392円570円651円732円813円81円
家事援助・通院介助(身体介護を伴わない)
30分未満30分以上45分未満
45分以上60分未満
60分以上75分未満

75分以上90分未満

 

90分以上105分未満

 
以降15分毎
102円148円191円231円267円301円34円

重度訪問介護サービス

1時間未満1時間以上
1時間30分
未満
1時間30分
以上
2時間未満
2時間以上
2時間30分
未満
2時間30分
以上

3時間未満
3時間以上
3時間30分
未満
3時間30分
以上
4時間未満
184円274円365円456円548円638円730円
4時間以上
8時間未満

8時間以上
12時間未満

12時間以上
16時間未満
16時間以上
20時間未満
20時間以上
24時間未満
815円
30分増すごと+85円
1.495円
30分増すごと+85円

2.170円
30分増すごと+80円
 
2816円
30分増すごと+86円
3498円
30分増すごと+80円


 

地域生活支援事業(移動支援)
   利用料金は各市町村の定めるものとします。

表示金額は一回あたりの金額となります。
通常の時間帯以外の時間帯にサービス提供する場合には、次の割合で割増料金が加算されるものとします。
・早朝(午前6時~午前8時)  : 25%
・夜間(午後6時~午後10時) : 25%
・深夜(午後10時~午前6時) : 50%
新規契約時初回加算として200円加算されます。
緊急時の訪問は緊急時訪問加算として1回100円加算されます。(月2回まで)
中山間地域等にお住いの方に対して特別地域加算として所定単位数の15%が加算されます。
 平成23年8月1日より特定事業所加算Ⅱの適用事業所となり所定単位数の10%が加算されます。
平成29年4月1日より処遇改善加算Ⅰの適用事業所となり、居宅介護の場合所定単位数に30.3%が加算され、重度訪問介護の場合所定単位数に19.2%が加算されます。